\ じつは、よくわからないAmazonセールのこと、理解してみる? /

正しくは“view-source:”Webツールで簡単に変換(“source-view:”は誤り)

もしかして、Webページのソースコードを確認しようとしていますか?

スマートフォンでも使用できるWebツールを作成したので、誤ったコマンド“source-view:” を
正しいコマンド“view-source:” に変換しましょう。

 

この記事はこんな方にオススメ!

  • view-source:対象のURL”でソースを確認しようとするもコマンドを間違えてしまった方
    よくある間違いは、“source-view:”のように逆に記載してしまうケース。
目次

正しい表記 “view-source:https://~” に変換

コマンドが誤った場合でも変換できるWebツールを作成しました。

間違えたケースだけでなくURLを使った変換も可能!特に文字入力が面倒なスマートフォンユーザーに向けたツールです。

まとめ

(主にスマートフォンで)ソースコードを表示しようとURLを編集するも、入力ミスしてしまった方に向けの記事でした。

akiGAMEBOY

わたし自身も、たまーにスマホでソースコードを確認したいとき、“source-view:” と打ち間違えてしまうことがあります。
(覚えが悪い×頻度が少ない = 間違ったコマンドで実行)

個人的な用途としても、このページとWebツールを使いたいと思います 🤭

しらたま

この記事に関連する「パソコンでソースコードを確認する方法」 や 「ブラウザのURLコマンド(ブラウザの特別なURL)の一覧表」を紹介してる記事を 👇 で紹介してるッピ。

気になる方は要チェックッピ 🧐

その他の参考情報

スマートフォンではなく、パソコンでソースコードを表示する方法をまとめました。

ブラウザのURLコマンドで試験運用中の機能を有効にできたり、ゲームができたりします。

サポート募集中

この記事はお役に立てたでしょうか。現在、サポートを募集しています。
コーヒーを一杯 ☕ ご馳走いただけないでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次