\ ポイント最大11倍! /

祝日と有休の時だけiPhoneアラームを自動でオフにする方法

平日にある休日の朝、意図せずアラームが鳴ってしまい、貴重な睡眠時間をうばわれてしまった経験ありませんか。

実はiPhoneの標準アプリを組み合わせることで「平日にある祝日や有休の時はアラームを鳴らさない」という設定ができます。

初めて設定する場合は20分以上かかる長い作業で設定内容も細かいですが導入してみると、かなり便利です。
ぜひ、この記事を参考に導入をご検討ください。

 

この記事はこんな方にオススメ!

  • Appleユーザの方
  • iPhone(iPad / iPodでも可)でアラームを設定している方
  • 土日以外の休日でもアラームをオフにしたい方
    • 平日の休暇(お休み)
      • 平日にある祝日
      • 有給休暇(有休)
    • 長期休暇
      • 夏季休暇(夏休み)
      • 冬季休暇(冬休み)
      • 年末年始
      • 春休み
      • 秋休み
      • ゴールデンウィーク
      • シルバーウィーク

2023.04.18 更新
以前、紹介していたオートメーションの設定を最新のiOS16.4で作成した場合、
有給休暇の条件のみ正常に動作せずアラームがオフにならない事が判明しました。

調査した結果、最新のiOSを含めた全てのバージョンで機能する設定方法が見つかりました
オートメーションの設定を差し替えた内容を紹介しています。

目次

事前説明

作業環境

詳細内容

私が設定した機種はiPad(アイパッド)です。
こちらで紹介している方法は、iPhone(アイフォン)やiPod(アイポッド)でも対応可能です。

機種iPad Pro 第2世代
iOS16.4
表:作業環境

利用するアプリの紹介

詳細内容

すべてApple(アップル)標準のアプリで対応します。

時計 – アラーム時計アプリからアラームを設定できる。
アラームの設定は、
アラーム時刻/繰り返し設定(曜日)/ラベル/サウンド/スヌーズ
の設定が可能。

通常、曜日の繰り返し設定により平日のみアラームが鳴るよう設定可能だが、
平日に休暇(祝日、有給休暇、長期休暇)がある場合、休暇にもかかわらず、
アラームが鳴ってしまう。
ショートカット – オートメーションオートメーションはイベント契機(開始時刻など)で自動起動するプログラムを作成可能。
様々なアプリや設定項目などがあり、やろうと思えば複雑な事も実現可能。
カレンダーApple標準のカレンダー。
オートメーションとカレンダーの予定(イベント)を連携する場合、必須となるアプリ。
[ショートカット – オートメーションは、他社製のアプリ(Googleカレンダーアプリなど)と連携不可。]

他社製のカレンダーアプリを利用している場合は、Apple標準カレンダーとデータ同期する事により、
他社製のカレンダーアプリを使用しつつ、今回の方法が実現可能。
参考記事:Apple標準カレンダーアプリとデータ同期
表:使用するApple標準アプリの一覧

作業内容の説明

しらたま

ヒント:開閉できるエリア

下記のようなエリアはクリックすると開閉可能っピ 👍

その1:作業全体の流れ

全体の作業を大きくわけると下記の通り4つのステップがあります。

STEP
祝日カレンダーの設定確認

カレンダーの設定で「日本の祝日」があることをチェック。
ない場合は祝日カレンダーの設定を行う。

STEP
平日に鳴るアラームを設定

平日、月曜~金曜の朝7時のアラームをセットする。

STEP
オートメーションの作成

下記、内容のオートメーションを作成する。
 開始時刻 AM 0:00を契機に当日のカレンダーの予定をチェック。
 チェック結果によりステップ2で作成したアラームのオン/オフを切り替える。

STEP
カレンダーに登録(平日に休暇がある場合)

平日にある祝日は自動的にカレンダーが連携される為、予定を登録する必要はないが、
平日に休暇(有給休暇/長期休暇)がある場合は自身で日々、登録が必要。
休暇の前日までに「休暇」を含むタイトルでカレンダーに予定を登録する。

その2:各ステップの作業概要

アラームを使用する際、用途は多岐に渡ります。
主なシチュエーションとしては、仕事や学校、プライベートの予定などあり、それぞれに合った設定が必要です。

今回、紹介するシナリオは、
平日の朝に使用する仕事用アラーム(朝7:00)をカレンダーの予定により、オン/オフを切り替える
という内容で紹介します。

STEP 1
 祝日カレンダーの設定確認
カレンダーの設定で「日本の祝日」があることをチェック。
ない場合は事前に祝日カレンダーの設定を行う。
STEP 2
 アラームの設定
月曜日~金曜日(平日)で毎朝7時にアラームをセットする。
STEP 3
 オートメーションの作成
毎日0時にカレンダーの予定をチェックし、下記条件によりアラームを切り替えるオートメーションを作成。
 “祝日カレンダーが登録されている場合”
  or
 “タイトルに「休暇」を含む予定がある場合”

 →アラームをオフに切り替える。

 “上記以外の場合”
 →アラームをオンに切り替える。
STEP 4
 カレンダーに登録
 (平日に休暇がある場合)
平日に休暇(有給休暇/長期休暇)がある場合、前日までに「休暇」を含むタイトルでカレンダーに予定を登録する。

ステップ1~ステップ3までは、初回一度だけ設定すればよいが、
このステップ4は日々、予定を登録する必要がある。
表:各アプリで設定する内容
その3:運用方法のイメージ図

ここまで説明しましたが、文章だけではイメージがとらえにくいと思いますので、
全体的な運用のイメージと、どのようにしてアラームが切り替わるのか図を作成しました。

この記事の内容を継続して利用される場合は、全貌を把握した上で、ご活用いただければと思います。

設定前のイメージ

通常のiPhoneアラームを使用するイメージ
図:通常のアラームを使用するイメージ

設定後のイメージ図

祝日と有休の時だけiPhoneアラームを自動でオフにする方法 祝日の場合
祝日の場合
祝日と有休の時だけiPhoneアラームを自動でオフにする方法 有給休暇の場合
有休休暇の場合
祝日と有休の時だけiPhoneアラームを自動でオフにする方法 休暇ではない通常時
休日ではない通常時

設定手順

注意事項:設定のミスにご注意ください

これより紹介する設定は非常に細かい為、作業ミスが発生しやすいです。
設定ミスをしてしまいアラームが鳴らなかった場合、職場や学校に遅刻してしまう場合があります。

一番、注意するタイミングは、設定した後に初めておとずれる平日の祝日や有休休暇です。
アラームが鳴らない事を想定し、事前に対策することを強くオススメします。

[事前の対策例(私が思いつく対策案)]
 1. 別機器でアラームをセットし2重で備える対策
  置き時計や以前使用していたスマホなどを活用してアラームを2重にセット。
 2. 切り替えるアラームとは別に追加でアラームをセットする対策
  今回、切り替えるアラームとは、別のアラームを追加で作成しセットする。

全工程を紹介している動画

2023.04.18 更新
最新iOS16.4を含めた全てのバージョンで機能するオートメーションの設定方法に差し替え済みです。

すべてのステップを紹介しているYouTubeの動画も作成しています。
細かい操作方法など、この記事の内容でご不明な点がある場合は、ぜひ動画もチェックしてください。

動画:祝日と有休の時だけiPhoneアラームを自動でオフにする方法

STEP 1:祝日カレンダーの設定確認

全5工程:手順1 ~ 5
手順
設定をタップ
iPhone ホーム画面 設定をタップ
画像:設定をタップ
手順
カレンダーをタップ
iPhone 設定 カレンダーをタップ
画像:設定 -> カレンダー
手順
アカウントをタップ
iPhone 設定 カレンダー アカウントをタップ
画像:設定 -> カレンダー -> アカウント
手順
データの取得方法をタップ
iPhone 設定 カレンダー アカウント データの取得方法をタップ
画像:設定 -> カレンダー -> アカウント -> データの取得方法
手順
「日本の祝日」が「フェッチ」となっていること
iPhone 設定 カレンダー アカウント データの取得方法 日本の祝日をチェック フェッチ
画像:日本の祝日がフェッチであることを確認

STEP 2:アラームの設定

全6工程:手順1 ~ 6
手順
時計をタップ
iPhone ホーム画面 時計をタップ
画像:ホーム画面 -> 時計
手順
アラームをタップ
iPhone 時計 アラームに切り替え
画像:時計 -> アラーム
手順
プラス(+)ボタンをタップ
iPhone 時計 アラーム +をタップ
画像:アラームでプラス(+)ボタン
手順
アラームの設定
全3工程:手順4 – 1 ~ 3
手順4 –
時刻の設定
iPhone 時計 アラーム 時刻を設定
画像:時計 -> アラーム – 時刻設定
手順4 –
繰り返し設定
iPhone 時計 アラーム 繰り返しを設定
画像:時計 -> アラーム – 繰り返し設定
手順4 –
ラベルをわかりやすい名前で設定
iPhone 時計 アラーム ラベルの設定
画像:時計 -> アラーム – ラベル設定
手順
「保存」ボタンをタップ
iPhone 時計 アラーム 保存をタップ
画像:時計 -> アラーム – 保存
手順
追加されたことを確認
iPhone 時計 アラーム 追加したアラームをチェック
画像:時計 -> アラーム – チェック

STEP 3:オートメーションの作成

2023.04.18 更新
最新iOS16.4を含めた全てのバージョンで機能するオートメーションの設定方法に差し替え済みです。

新しい設定
以前の設定
  1. カレンダーが“祝日”の場合
    →該当する場合は、アラームをオフ
    →該当しない場合、2の条件
  2. カレンダーが“有休”の場合
    →該当する場合は、アラームをオフ
    →該当しない場合、アラームをオン
  1. カレンダーが“祝日” or “有休”の場合
    →該当する場合は、アラームをオフ
    →該当しない場合、アラームをオン
全5工程:手順1 ~ 5
手順
新規オートメーションを開く
全5工程:手順1 – 1 ~ 5
手順1 –
ショートカットをタップ
ショートカット
画像:ホーム画面 -> ショートカット
手順1 –
オートメーションをタップ
ショートカット オートメーション
画像:ショートカット – オートメーション

(iPadの場合は、サイドバーをタップでメニュー表示)

ショートカット オートメーション
画像:ショートカット – オートメーション
手順1 –
「個人用オートメーションを作成」をタップ

[iPhone、またはiPodの場合はプラス(+)ボタンを押すとメニュー表示]

ショートカット オートメーション +ボタン
画像:ショートカット – オートメーション
ショートカット オートメーション 個人用オートメーションを作成
画像:ショートカット -> オートメーション
手順
初期設定
全5工程:手順2 – 1 ~ 5
手順2 –
「時刻」をタップ
新規オートメーション 時刻
画像:新規オートメーション – 時刻
手順2 –
時刻を「0:00」で設定
新規オートメーション 時刻
画像:新規オートメーション – 時刻
手順2 –
繰り返しを「毎週」で設定
オートメーション 繰り返し
画像:新規オートメーション – 繰り返し
手順2 –
曜日設定で「日」と「土」を除外する

*曜日設定は繰り返しを「毎週」に設定後、画面の一番下に表示される

オートメーション 繰り返し
画像:新規オートメーション – 繰り返し
手順2 –
次へをタップ
新規オートメーション 次へ
画像:新規オートメーション – 次へ
手順
アクションの設定

ここの手順が細かく複雑で、かなり長い手順です。よくわからない場合は、動画の内容もご参考ください。

動画:祝日と有休の時だけiPhoneアラームを自動でオフにする方法 – オートメーションの作成 – アクションの設定
全6工程:手順3 – 1 ~ 6
手順3 –
ひとつ目の「カレンダーイベントを検索」を設定
全6工程:手順3 – 1 – 1 ~ 6
手順3 – 1 –
画面下の最小化ウィンドウを上にスワイプ
新規オートメーション アクション
画像:新規オートメーション -> アクション
手順3 – 1 –
Appの「カレンダー」をタップ
新規オートメーション アクション App
画像:新規オートメーション -> アクション -> App
新規オートメーション アクション App カレンダー
画像:新規オートメーション -> アクション -> App – カレンダー
手順3 – 1 –
「カレンダーイベントを検索」をタップ
新規オートメーション アクション App カレンダー
画像:新規オートメーション -> アクション -> App – カレンダー
手順3 – 1 –
「が次の未来の期間内」から「が今日である」に設定
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
手順3 – 1 –
「フィルタを追加」をタップ
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
手順3 – 1 –
「日本の祝日」で設定
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
手順3 –
ひとつ目の「if文」を設定
全4工程:手順3 – 2 – 1 〜 4
手順3 – 2 –
バツ(×)ボタンをタップ
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 2 –
検索欄をタップ
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 2 –
「if」で検索
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 2 –
「if文」をタップ
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 2 –
カレンダーイベントの条件を「任意の値」で設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 2 –
画面下にある最小化ウィンドウを上にスワイプし表示
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 2 –
「時計」をタップ
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 2 –
「アラームを切り替える」をタップ
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 2 –
タップ長押しで移動
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 2 –
「カレンダーイベント」から「対象のアラーム」に変更
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 2 –
オンからオフに変更
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 –
ふたつ目の「カレンダーイベントを検索」を設定
全10工程:手順3 – 3 – 1 ~ 10
手順3 – 3 –
画面下にある最小化ウィンドウを上にスワイプし表示
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
手順3 – 3 –
「カレンダー」をタップ
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
手順3 – 3 –
「カレンダーイベントを検索」をタップ
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
手順3 – 3 –
タップ長押しで移動
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
手順3 – 3 –
「カレンダーイベント」を消去し「すべてのカレンダーイベント」に変更
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定

消去後、自動的に「すべてのカレンダーイベント」に切り替わる。

手順3 – 3 –
「が次の未来の期間内」から「が今日である」に設定
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
手順3 – 3 –
「フィルタを追加」をタップ
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
手順3 – 3 –
「カレンダー」から「タイトル」に設定
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
手順3 – 3 –
「が次と等しい」から「が次を含み」に設定
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
手順3 – 3 –
「休暇」を入力
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
新規オートメーション アクション カレンダーイベントの設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> カレンダーイベントの設定
手順3 –
ふたつ目の「if文」を設定
全15工程:手順3 – 4 – 1 ~ 15
手順3 – 4 –
検索欄をタップ
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 4 –
「if」で検索
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 4 –
「if文」をタップ
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 4 –
タップ長押しで移動
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 4 –
カレンダーイベントの条件を「任意の値」で設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 4 –
画面下にある最小化ウィンドウを上にスワイプし表示
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 4 –
「時計」をタップ
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 4 –
「アラームを切り替える」をタップ
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 4 –
タップ長押しで移動
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 4 –
「カレンダーイベント」から「対象のアラーム」に変更
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 4 –
「オン」から「オフ」に変更
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 4 –
画面下にある最小化ウィンドウを上にスワイプし表示
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 4 –
「アラームを切り替える」をタップ
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 4 –
タップ長押しで移動
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順3 – 4 –
「カレンダーイベント」から「対象のアラーム」に設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
新規オートメーション アクション if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定

このアラームは「オン」のままとする

手順3 –
アクション設定の最終確認

*アラームの「7:00」は「平日 会社アラーム」に読み換えてください。

画面:設定内容の最終確認
手順3 –
次へをタップ
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順
事後設定
全2工程:手順4 – 1 ~ 2
手順4 –
「実行の前に尋ねる」のトグルボタンを「オフ」にする
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順4 –
完了をタップ
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定
手順
追加されたことを確認
画像:新規オートメーション -> アクション -> if文の設定

STEP 4:カレンダーに登録(平日に休暇がある場合)

全5工程:手順1 ~ 5
手順
カレンダーをタップ
iPhone カレンダーをタップ
画像:ホーム画面 -> カレンダー
手順
予定を登録する日付をタップ
iPhone カレンダー 予定を登録する日付をタップ
画像:カレンダー – 予定を登録する日をタップ
手順
プラス(+)ボタンをタップ
iPhone カレンダー 「+」ボタンをタップ
画像:カレンダー – プラス(+)ボタンをタップ
手順
予定(イベント)の設定
全2工程手順4 – 1 ~ 手順4 – 2
手順4 –
「休暇」を含むタイトルで入力
iPhone カレンダー 新規イベント 「休暇」含むタイトルで入力
画像:カレンダー -> 新規イベント – タイトル
iPhone カレンダー 新規イベント タイトル「有給休暇」で入力
画像:カレンダー -> 新規イベント – タイトルの入力
手順4 –
終日のトグルボタンをタップしオンへ
iPhone カレンダー 新規イベント 終日のトグルボタンをタップ
画像:カレンダー -> 新規イベント – トグル終日をタップ
iPhone カレンダー 新規イベント 終日のトグルボタンをオン
画像:カレンダー -> 新規イベント – トグル終日がオン
補足情報:他社製カレンダー(Googleカレンダーなど)で登録する場合
補足情報 – 手順
カレンダーをタップ
iPhone カレンダー 新規イベント カレンダーをタップ
画像:カレンダー -> 新規イベント
補足情報 – 手順
カレンダーの種類を変更

Googleカレンダーで登録する場合は、GMAILにあるメールアドレスを選択する。

iPhone カレンダー 新規イベント カレンダー 種類の変更
画像:カレンダー -> 新規イベント
手順
追加できていることを確認
iPhone カレンダー 追加した予定をチェック
画像:カレンダー – 登録した予定をチェック
akiGAMEBOY

以上ですべての作業が終わりです。

長丁場の作業、おつかれさまでした。

しらたま

ステップ1 ~ ステップ3は初回に設定する際、一度きりの作業になるっピ。

ステップ4は今後、平日に休暇(*)がある場合は、忘れず休暇の前日までに予定を登録するっピよ。
*有給休暇や長期休暇(夏季休暇)など

制限事項

事前説明でも記載しているので繰り返しとなりますが、
このシナリオでは、平日0時に「ショートカット – オートメーション」が自動的に起動し、その日1日の予定を検索した結果でアラームをオン/オフに切り替えます。

この方法で運用していくには、いくつかの制限事項がありますので、事前に内容をおさえた上でご利用ください。

  • 平日に休暇がある場合
    前日までにカレンダーの予定に登録する必要あり。
     
  • 平日の0時にスマホの電源がオフの場合
    オートメーションが動かず、アラームも切り替わらない。
    *上記に気付きいた後、ただ電源をオンにしてもオートメーションは自動で動かない。
     
  • カレンダーの予定は1日毎に登録する必要あり
    2日以上の長期休暇がある場合に通常、開始日付と終了日付を範囲指定し、
    予定を登録すると思いますが、この方法だとアラームがオフとなりません。

    長期休暇の場合、面倒ですが1日毎に予定を登録してください。

    今回の紹介している設定では、0:00のタイミングで当日の予定の開始日付をチェックしています。
    その為、日付を範囲指定してしまうと長期休暇の開始日だけがアラームオフされ、
    それ以外の日はアラームがオンになってしまいます。

    このような設定にしている理由は、導入する際の設定内容がわかりやすく、
    メンテナンスが必要になった際も変更がしやすい為です。

    設定方法は複雑になってしまいますが、さらに条件を追加し工夫する事で、
    範囲指定の判定も可能になると思います。
akiGAMEBOY

オートメーションは、もっと複雑な条件を追加可能です。
ぜひ、ご自身の用途に合わせた内容で改善してみてください。

「もっと簡単な設定があったよ」「複雑だけど、こんな良い設定方法があるよ」など、
ありましたら、この記事のコメントや問い合わせX – エックス(旧:Twitter)で教えて頂けると嬉しいです。

まとめ

  • 3つのApple標準アプリを組み合わる事により実現可能
     
  • 制限事項や注意事項をよく理解して運用する必要あり
     
  • 応用する事で様々な自動化が実現可能

サポート募集中

この記事はお役に立てたでしょうか。現在、サポートを募集しています。
コーヒーを一杯 ☕ ご馳走いただけないでしょうか。

ブログ アイキャッチ 祝日と有休の時だけ iPhoneアラーム 自動でオフ 方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次