\ 最大10%ポイントアップ! / 詳細を見る

Windowsショートカットキーの一覧〔中級編〕

OSやブラウザ、Excelで利用頻度の高いショートカットキーを集めてみた!第2弾です。

この記事は基本的なショートカットキーは使えるけど、それ以外のショートカットキーは調べていないという、
初心者を脱却しつつある中級者の方に向けた記事です。

覚えていくとやれることが増え便利なので、ぜひ次のステップにチャレンジしてみてください。

 

この記事はこんな方にオススメ!

  • Windows OSユーザーの方
  • 下記のショートカットキーを習得したい方
    • Windows OSのショートカットキー
    • Excelのショートカットキー
    • ブラウザ(Google Chrome or Microsoft Edge)のショートカットキー
  • よりショートカットキーを使いこなしたい中級者1の方
目次

事前説明

しらたま

この吹き出しの下にあるエリアをクリックすると開閉ができるっピ 👍

例)エリアが閉じている状態
 
例)エリアが開いている状態
 

その1:ショートカットキーを確認した環境

基本的にはWindowsのバージョンに関係がなく動作するショートカットキーです。
内容に不備や補足等あればコメントやX(旧:Twitter)問い合わせフォームでご連絡ください。

OSWindows 10 Pro
OS -バージョン21H1
OS – OSビルド19043.1645
ブラウザMicrosoft Edge(Chromium版)
ブラウザ – バージョン100.0.1185.39
ExcelExcel for Microsoft 365 MSO 64ビット
Excel – バージョン2203
Excel – ビルド16.0.15028.20178
表:ショートカットキーを確認した環境
その2:キーボードのキー配列について注意点

キーボードのキー配列について

メーカーや機種によって様々な種類のキーボードが販売されています。
多種多様なキーボードの中でポイントとなってくるのがキー配列(キーレイアウト)。

この記事ではキー配列がフルキーボードの製品を想定し入力方法を紹介しています。
特殊なキー配列のキーボードをお持ちの方は入力方法を読み替えてください。

特殊なキーボードの多くはコンパクトなキーボードや、
ノートパソコン備え付けのキーボード、タブレットのキーボードとなります。

 

キー配列により入力方法が異なる場合の例

画面キャプチャのショートカットキーをフルキーボードで入力したい場合は、
「Print Screenキー」を入力する事で実現できます。

一方、キー配列が特殊なキーボードで入力したい場合は、
「Fn(ファンクション)キー」と「Insertキー」を同時に入力すると実現できます。
*この例ではInsertキー内に”Print Screen”の文字が一緒に印字されているタイプのキーボードを想定。

その3:表のコメントに登場するパソコン用語について
  1. 文字入力カーソル
    文字入力カーソルとはテキストエディタやExcelのセル内、ブラウザの検索バーなどで、
    文字を入力する際に表示される起点のマーク(*)を指しています。
    *アルファベットのアイマーク( I )が点滅してるマークの事を指す
     
  2. エクスプローラー
    Windows OSでフォルダやファイルを操作する際のウィンドウの事を指しています。
     
  3. アクティブ
    現在操作しているコントロールの事を指します。
    具体的な例をあげるとOSのエクスプローラーやブラウザを複数立ち上げていた場合、
    「アクティブウィンドウ」とは、現在操作しているウィンドウの事を指す。

    また、別の例をあげると、とあるウェブサイトのアカウント新規登録ページを開いており、
    個人情報の入力が必要のなるテキストボックスが複数あったとします。
    そのような状況で現在、入力中のテキストボックスを指し「アクティブなテキストボックス」のように呼称。
その4:ショートカット一覧表の表記について

項目「動作有無」の「OS/ブラウザ/Excel」とは

ショートカットキーはソフトウェアによって動作するものと、しないものがあります。
今回、3種類のソフトウェアでショートカットキーの動作有無を記載。
動作する場合は「○」、動作しない場合は「×」と表記しました。

  • OS:Windows OS
  • ブラウザ:Google Chrome、またはMicrosoft Edge
  • Excel:Microsoft Office Excel

 

ショートカットキーの表現方法について

  • プラス(+)の組み合わせ
    キーを同時に入力する事で動作するショートカットキー。
     
    例えば”元に戻す”のショートカットキー「Ctrl + Z」では、
    CtrlキーとZキーの同時に入力する事で実現できます。
     
  • 右矢印(→)の組み合わせ
    キーを順番に入力する事で動作するショートカットキー。
     
    例えば”名前を付けて保存”のショートカットキー「Alt → F → A」では、
    Altキー単体を押し、次にFキー単体を押す、最後にAキー単体を押すことで実現できます。

ショートカットキー

ショートカットキー 早見表

中級編では、下記の35件のショートカットキーを紹介します。

  1. Ctrl + F | 検索
  2. Ctrl + R | 置換
  3. Winキー + E | エクスプローラーの起動
  4. Alt | メニューバーに移動
  5. Alt → F → A | 名前をつけて保存を起動
  6. Alt + ← | 元に戻る
  7. Alt + → | 先に進む
  8. Alt + ↑ | 上の階層に移動
  9. Shiftを長押し + 矢印キー ↑ or ↓ | アイテムの範囲選択
  10. Ctrlを長押し + スペースキー | アイテムを部分的に選択
  11. F4 | ブラウザでアドレスバーに移動
  12. Shiftを長押し + 矢印キー → or ← | 文字入力中、左右方向に範囲選択を 拡張
  13. Shiftを長押し + 矢印キー ↓ or ↑ | 文字入力中、上下方向に範囲選択を 拡張
  14. Homeキー | 行のはじめ(またはページの先頭)に移動
  15. Endキー | 行のおわり(またはページの末尾)に移動
  16. Ctrl + Home | 複数行の文字入力中、先頭に移動
  17. Ctrl + End | 複数行の文字入力中、末尾に移動
  18. 再変換する文字列を範囲選択 → 変換キー | 全角文字の再変換
  19. Alt + Tab | OSでウィンドウの切り替え
  20. Ctrl + Tab | ブラウザでタブの切り替え
  21. Ctrl + T | 新しいタブを開く
  22. Ctrl + W | タブを閉じる
  23. リンクをホイールクリック | リンクを新しいタブで開く
  24. Winキー + ↑ or ↓ | 最小化 or 通常表示 or 最大化
  25. Winキー + D | ウィンドウすべてを最小化
  26. Tab | 次のコントロールに移動
  27. 行や列の境界線をダブルクリック | 行 or 列 の自動サイズ調整
  28. Shift + スペース | アクティブセルの行全体を範囲選択
  29. Ctrl + スペース | アクティブセルの列全体を範囲選択
  30. Ctrl + 矢印キー | 表の端まで飛ぶ
  31. Shift + 矢印キー | セルの範囲選択を拡張
  32. Shift + F11 | 新規ワークシートの追加
  33. Ctrl + PageUp or PageDown | タブ切り替え or シート切り替え
  34. F4 | Excelで1つ前のアクションを繰り返す
  35. Ctrl + ;(セミコロン) | Excelで現在日付を入力

ショートカットキー 詳細

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    機能するソフトを選択中
  • コメント
    OSではフォルダー(エクスプローラー)がアクティブ状態の時に機能する。

Ctrl R | 置換
or
Ctrl H

上の早見表へ

  • 動作有無
    ×:OS
    ○:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    機能するソフトで編集中
  • コメント
    Ctrl + R か Ctrl + H なのかはソフトウェアの仕様により異なる。
    例をあげるとVS Codeでは Ctrl + H で、サクラエディタでは Ctrl + R で機能する。

Winキー + E | エクスプローラーの起動
*WinキーとはWindowsキーのことを指す

上の早見表へ

下のオススメ10選へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    いつでも使用可能
  • コメント
    あらゆる状況下で使用できる。
    フォルダーやファイルを確認したくなったタイミングで使用しているので利用頻度が高い。

Alt | メニューバーに移動

上の早見表へ

下のオススメ10選へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    機能するソフトを選択中
  • コメント
    メニューバーに移動後、矢印キーとEnterキーで操作し各種機能を呼び出せる。
    ショートカットキーを覚えられずとも機能が呼び出せるので便利。

Alt → F → A | 名前をつけて保存を起動

上の早見表へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ×:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    機能するソフトを選択中
  • コメント
    Excelでは、F12キーでも呼び出せる。

    名前を付けて保存は、ソフトにより割り当てられているキーに差異がある。
    それぞれのキーを覚えるのが面倒なため、こちらのショートカットキーを使用。

Alt  | 元に戻る

上の早見表へ

下のオススメ10選へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ×:Excel
  • 使用条件
    機能するソフトを選択中
  • コメント
    OSでは、フォルダー(エクスプローラー)がアクティブの際に実行すると元の場所に戻る。
    ブラウザでは、前のページに戻る。
    比較的、利用頻度の高いショートカットキー。

Alt  | 先に進む

上の早見表へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ×:Excel
  • 使用条件
    機能するソフトを選択中
  • コメント
    使用するタイミングは上記の元に戻ると同様。

Alt  | 上の階層に移動

上の早見表へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ×:ブラウザ
    ×:Excel
  • 使用条件
    機能するソフトを選択中
  • コメント
    フォルダー(エクスプローラー)で使用。
    ドキュメントを探している時などのフォルダー移動で重宝するショートカットキー。

Shiftを長押し 矢印キー ↑ or ↓ | アイテムの範囲選択

上の早見表へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ×:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    機能するソフトを選択中
  • コメント
    OSでは、フォルダー(エクスプローラー)内でフォルダーやファイルなどのアイテムを範囲選択したい場合に使用。
    Excelでは、セルを範囲選択したい場合に使用。

    Shiftを押したまま矢印キーを連続で押すと選択範囲を広げたり縮めたりできる。

Ctrlを長押し スペースキー | アイテムを部分的に選択

上の早見表へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ×:ブラウザ
    ×:Excel
  • 使用条件
    機能するソフトを選択中
  • コメント
    方向キーの上下と組み合わせて使用する。

    フォルダー(エクスプローラー)でファイルやフォルダーなどのアイテムを歯抜けで選択したい場合に使用。

    アイテムの削除やコピーを部分的に行いたい時に重宝するショートカットキー。

F4    | ブラウザでアドレスバーに移動
or
Ctrl + L

上の早見表へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ×:Excel
  • 使用条件
    機能するソフトを選択中
  • コメント
    私は昔から使用できた F4 を使用しているが、
    入力のしやすさを考えると Ctrl + L の方が良さそう。

Shiftを長押し 矢印キー → or ← | 文字入力中、左右方向に範囲選択を 拡張

上の早見表へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    文字入力中
  • コメント
    同じ行内で文字の範囲選択を行う時に使用。

    連続して矢印キーを入力すると、さらに範囲を拡張したり縮小したりできる。

Shiftを長押し + 矢印キー ↓ or ↑ | 文字入力中、上下方向に範囲選択を 拡張

上の早見表へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    文字入力中
  • コメント
    複数行にわたる文字の範囲選択を行う時に使用。

    連続して矢印キーを入力すると、さらに範囲を拡張したり縮小したりできる。

Homeキー | 行のはじめ(またはページの先頭)に移動

上の早見表へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    文字入力中 or 機能するソフトを選択中
  • コメント
    文字入力中では、その行の先頭に移動できる。

    文字入力以外でもフォルダー(エクスプローラー)操作中に入力すると先頭行に移動。
    また、ブラウザだとページの先頭に移動ができる。

    意外と重宝するショートカットキー。

Endキー | 行のおわり(またはページの末尾)に移動

上の早見表へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    文字入力中 or 機能するソフトを選択中
  • コメント
    文字入力中では、その行の末尾に移動できる。

    文字入力以外でもフォルダー(エクスプローラー)操作中に入力すると最終行に移動。
    また、ブラウザだとページの末尾に移動ができる。

    文字の範囲選択でShiftを長押ししながらEndキーを入力すると、一度にすべての文字を範囲選択できるので便利。

Ctrl + Home | 複数行の文字入力中、先頭に移動

上の早見表へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    文字入力中
  • コメント

Ctrl + End | 複数行の文字入力中、末尾に移動

上の早見表へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    文字入力中
  • コメント

再変換する文字列を範囲選択 → 変換キー | 全角文字の再変換
*キーボードの種類によって変換キーがない場合があり

上の早見表へ

下のオススメ10選へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    文字入力中
  • コメント
    キーボードで変換キーがなくてもIMEのツール(IMEパッド)にある変換ボタンを使用しマウス操作で再変換が可能となる。

Alt + Tab | OSでウィンドウの切り替え

上の早見表へ

下のオススメ10選へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ×:ブラウザ
    ×:Excel
  • 使用条件
    複数のソフトウェアが動作中
  • コメント
    Shift + Alt + Tab で逆回りで切り替え可能。

    かなり使用頻度が高く便利なので優先的に覚えたいショートカットキー。

Ctrl + Tab   | ブラウザでタブの切り替え

上の早見表へ

  • 動作有無
    ×:OS
    ○:ブラウザ
    ×:Excel
  • 使用条件
    複数のタブを開いた状態
  • コメント
    Shift + Ctrl + Tabで逆回りで切り替え可能。

    使用頻度が高い便利なショートカットキー。

    後述するが、Ctrl + PageUp や Ctrl + PageDown でも同じ事ができる。そのショートカットキーでは、Excelのシート切り替え や Visual Studio Code のタブ切り替えでも使用できる入力方法。

    そのため、こちらのショートカットキーを覚える優先度は少し下がる。

Ctrl + T | 新しいタブを開く

上の早見表へ

  • 動作有無
    ×:OS
    ○:ブラウザ
    ×:Excel
  • 使用条件
    ブラウザがアクティブな状態
  • コメント
    新しいキーワードで検索するときに使用。

    これも使用頻度が高いショートカットキーで覚えると便利。

Ctrl + W | タブを閉じる
or
Ctrl + F4
or
タブの見出しをホイールクリック
* ホイールクリック:マウスポインターを対象タブの見出しに合わせてホイールをクリック

上の早見表へ

  • 動作有無
    ×:OS
    ○:ブラウザ
    ×:Excel
  • 使用条件
    ブラウザがアクティブの状態
  • コメント
    なし

リンクをホイールクリック | リンクを新しいタブで開く

上の早見表へ

下のオススメ10選へ

  • 動作有無
    ×:OS
    ○:ブラウザ
    ×:Excel
  • 使用条件
    ブラウザのWebページを表示中
  • コメント
    ブラウザ操作では鉄板のショートカットキー。

Winキー + ↑ or ↓ | 最小化 or 通常表示 or 最大化
*WinキーとはWindowsキーのことを指す

上の早見表へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    ウィンドウサイズを変更したいソフトがアクティブな状態
  • コメント
    選択中のソフトが通常表示(最小化でも最大化でもない状態)の際にWinキー + ↓ を押すと最小化になる。
    最小化になった状態からWinキー + ↑ で通常表示となる。

    また、通常表示の状態でWinキー + ↑ を押すと最大化となる。
    最大化になった状態からWinキー + ↓ で通常表示となる。

Winキー + D | ウィンドウすべてを最小化
*WinキーとはWindowsキーのことを指す

上の早見表へ

下のオススメ10選へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    なし
  • コメント
    すべて最小化になった後、何も操作せずにもう一度 Winキー + D を入力するとすべて通常表示(最小化が解除された状態)に戻る。

    最小化状態で何かしら操作が発生すると元の状態に戻せなくなるが、
    ウィンドウの切り替えるショートカットキー(Alt + Tab)で一つずつウィンドウを確認することができるので戻せなくても問題ない。

Tab | 次のコントロールに移動

上の早見表へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ○:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    機能するソフトを選択中
  • コメント
    通称、タブ送り。

    Webページの会員登録などで複数のテキストボックスに文字を入力する必要がある場合にキーボードだけで移動と文字入力が可能のため、重宝するショートカットキー。

    Shift + Tab で逆戻りが可能。

    また、選択中のコントロールがボタンの場合、スペースキーを入力することでボタンを押す事もできる!

行や列の境界線をダブルクリック | 行 or 列 の自動サイズ調整

上の早見表へ

  • 動作有無
    ○:OS
    ×:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    OSのフォルダー(エクスプローラー) or Excel を操作中
  • コメント
    項目の境にマウスポインターをあてると左右の矢印マーク()になる。
    その場所でダブルクリックすると自動調整され見切れている文字が表示される。

    フォルダーでは最上部にある項目、Excelでは行数やアルファベット列の項目で機能する。

    なお、Excelで自動調整が機能しない場合があるが、一度すべてのサイズを大幅に拡大してから自動調整するとピッタリのサイズに収まる。

    Excelでは下記のショートカットキーでも対応可。
     Alt → H → O → A | 行の自動調整
     Alt → H → O → I | 列の自動調整

Shift + スペース | アクティブセルの行全体を範囲選択

上の早見表へ

  • 動作有無
    ×:OS
    ×:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    セルを選択中
  • コメント
    半角モードである事を確認しショートカットキーを入力する必要あり。
    全角モード中だと半角スペースの入力が優先されてしまう。

    Shift + F10 のコンテキストメニューを表示するショートカットキーと組み合わせることで、
    行追加などが簡単にできる。

    Excelのショートカットキーでやれることが増える便利なショートカットキー。

Ctrl + スペース | アクティブセルの列全体を範囲選択

上の早見表へ

  • 動作有無
    ×:OS
    ×:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    セルを選択中
  • コメント
    上記と同様でShift + F10 のコンテキストメニューを表示するショートカットキーと組み合わせる事でやれることが増える便利なショートカットキー。

Ctrl + 矢印キー | 表の端まで飛ぶ

上の早見表へ

  • 動作有無
    ×:OS
    ×:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    表の上にアクティブセルがある場合
  • コメント
    移動したい方向の矢印キー(↑ or ↓ or ← or →)を入力すると、その方向の端まで一気に飛ぶことができる。

    Shift との組み合わせ、Shift + Ctrl + 矢印キーにより、範囲選択した状態で端に移動することができる。

    利用頻度が高いショートカットキー。

Shift + 矢印キー | セルの範囲選択を拡張

上の早見表へ

  • 動作有無
    ×:OS
    ×:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    セルを選択中
  • コメント
    Excleで左上のセルが選択されている場合、Shift を押したまま 矢印キーの↓ or → を1つずつ入力すると範囲選択が拡張できる。

    逆にShift を押したまま 矢印キーの ↑ or ← を入力すると範囲選択が縮小する。

    キーボードでセルを範囲選択する際の基本となるショートカットキーで利用頻度が高い。

Shift + F11 | 新規ワークシートの追加

上の早見表へ

  • 動作有無
    ×:OS
    ×:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    Excelがアクティブな状態
  • コメント
    覚える優先度は低いショートカットキー。

    入力間違えでShiftキーを押し忘れてしまうと勝手にグラフが作成されてしまうので注意!

Ctrl + PageUp or PageDown | タブ切り替え or シート切り替え

上の早見表へ

下のオススメ10選へ

  • 動作有無
    ×:OS
    ○:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    ブラウザの場合は複数タブがある状態
    Excelの場合、複数シートある状態
  • コメント
    かなり重宝するので優先的に覚えたいショートカットキー。

    以前、ブラウザのタブ切り替えは Ctrl + Tab でのみ機能していたが、このショートカットキーでも機能するようになる。

    ブラウザだけでなく Excelのシート や Visual Studio Codeのタブ の切り替えでも使用できて便利。

    タブやシートの切り替えがすべて同じ入力方法となり覚えやすいというメリットから Ctrl + Tab よりも、こちらを優先的に覚えるべし!

F4 | Excelで1つ前のアクションを繰り返す

上の早見表へ

下のオススメ10選へ

  • 動作有無
    ×:OS
    ×:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    Excelで何かしらの操作後
  • コメント
    広く認知されているF4キーの使用方法は、セルの参照部分を範囲選択して入力すると絶対参照または相対参照に切り替える機能。

    しかし、シチュエーションによっては、前回の操作を繰り返し実行できるショートカットキーとなる。

    たとえば、行の見出し部分をクリックして1行分まるまる範囲選択して行を下方向に挿入したとする。
    そのまま続けて F4キー を入力すると、さらに追加でもう1行分、行が追加する事ができる。

    他にもセルの書式設定で文字と背景の色をいっぺんに変更したとする。
    その後、違うセルに移動し F4キー を入力すると、直前に設定した文字と背景の色に変更が可能。

Ctrl + ;(セミコロン) | Excelで現在日付を入力

上の早見表へ

  • 動作有無
    ×:OS
    ×:ブラウザ
    ○:Excel
  • 使用条件
    なし
  • コメント
    TODAY関数やNOW関数を使って現在日付を表示する方法があるが、
    関数を使わずに現在日付を入力したい場合に使用する。

    なお、セミコロンではなくCtrl + :(コロン)を入力することで現在時刻を入力することが可能。

    作業によって使用頻度が変わる。あまり優先度の高いショートカットキーではないが、覚えておくと便利。

中級編 オススメの10選

今回、紹介したショートカットキーの中から優先して覚えたい10点のショートカットキーを紹介。

  1. Alt + Tab | OSでウィンドウの切り替え
  2. Ctrl + PageUp or PageDown | タブ切り替え or シート切り替え
  3. Winキー + D | ウィンドウすべてを最小化
  4. Winキー + E | エクスプローラーの起動
  5. Alt | メニューバーに移動
  6. Alt + ← | 元に戻る
  7. Ctrl + F | 検索
  8. リンクをホイールクリック | リンクを新しいタブで開く
  9. 再変換する文字列を範囲選択 → 変換キー | 全角文字の再変換
  10. F4 | Excelで1つ前のアクションを繰り返す

まとめ

  • よりショートカットキーで作業効率化を計りたい方に向けた記事
     
  • オススメのショートカットキーは10個
     
  • 中級編まで覚えることができれば一通りの事がキーボード操作で完結
akiGAMEBOY

以上でこの記事は終わりです。

中級編まで覚えることで、ありとあらゆることがキーボードで操作できるので、かなり便利です。ぜひ、挑戦してください。

それでは、また次回お会いしましょう。
さようならー

しらたま

バイバイッピー🎵

  1. 中級者とは、Windows OSの基本的なショートカットキーは習得できたが、より細かいショートカットキーは習得していない方を指す。 ↩︎

サポート募集中

この記事はお役に立てたでしょうか。現在、サポートを募集しています。
コーヒーを一杯 ☕ ご馳走いただけないでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次