\ ポイント最大11倍! /

[I-O DATA]WNPU583Bを2年長期レビュー!Bluetooth+Wi-Fi両対応のUSBアダプター無線LAN子機

アイキャッチ Bluetooth Wi-Fi 両方対応 日本製の無線LAN子機 IODATA WNPU583B

2021年12月頃、コンパクトタイプのノートパソコンが故障してしまい、 なんとパソコンに内蔵している無線LANとBluetoothのアダプタが2つとも使用できなくなりました。

令和という時代に、まさかインターネットや他機器とも接続できない、ただのワープロを所持することに…。

解決しようとWi-FiとBluetoothそれぞれ2つのレシーバーによる対応を検討しましたが、
故障したのがコンパクトタイプなパソコンでUSBポートが2つ空きが無く断念しました。

これらの問題をすべて解決してくれたのは今回紹介する「I-O DATA PLANT WNPU583B」です。
だいたい2年ぐらい使用しているので長期レビューになるのでしょうか。それでは紹介していきます。

この記事で紹介している商品・サービスのリンクはアフィリエイト広告が含まれています。

このメッセージが表示されている理由

当サイトでは広告であるにもかかわらず広告である事を隠す事、いわゆるステルスマーケティングを行いません。

景品表示法に基づき閲覧者の皆さまが、より良い商品・サービスを自主的かつ合理的に選べる環境を作る為、
こちらのメッセージを表示しております。

このサイトについて詳しく情報を知りたい方は、プライバシーポリシー・免責事項をご参照ください。

 

この記事はこんな方にオススメ!

  • Windows環境で無線LAN子機を使いたい方
     
  • 下記の特徴を持つ製品を捜している方
    • 外付けUSBタイプでアンテナが内臓している無線LAN子機
    • 1台でBluetoothとWi-Fi(無線LAN)の両方に対応している2 in 1のデバイス
    • 大手の日本製のメーカー
       
  • この商品の長期レビューを知りたい方
目次

商品紹介

2-in-1でBluetoothとWi-Fiの両方に対応。同時接続が可能なUSBタイプの無線LAN子機です。

無線LAN子機は大きくわけてアンテナのタイプが外付けタイプ と 内臓タイプがありますが、
このWi-Fiアダプターはアンテナが内臓タイプの製品です。

アイ・オー・データ、無線子機、Bluetooth v4.0対応、433Mbps、WPA3対応

商品仕様

インターフェイスUSB 2.0
無線規格IEEE802.11ac、IEEE802.11n、IEEE802.11a、IEEE802.11g、IEEE802.11b
伝送方式IEEE802.11g/11a/11n/11ac:直交周波数分割多重(OFDM)IEEE802.11b:直接拡散スペクトラム拡散方式(DS-SS)
通信周波数2.4GHz帯、5GHz帯(W52/W53/W56)
チャンネル2.4GHz帯:1-13ch5GHz帯:36/40/44/48/52/56/60/64/100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch
伝送速度IEEE802.11ac:(5GHz)433Mbps(最大値)IEEE802.11n:(5GHz)最大150MbpsIEEE802.11n:(2.4GHz)最大150MbpsIEEE802.11a:最大54MbpsIEEE802.11g:最大54MbpsIEEE802.11b:最大11Mbps
* 表示の数値は、本商品と同等の構成を持った機器との通信を行ったときの理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。
無線LANセキュリティWPA3 パーソナル(AES)WPA2-PSK(TKIP/AES)WPA-PSK(TKIP/AES)WEP(128/64ビット)※WPA3を使用する場合は、WPA3対応デバイスドライバをインストールする必要があります。※IEEE802.11ac、IEEE 802.11nでWPA-PSK(TKIP)またはWEPを選択した場合十分な通信速度が得られません。
アクセス方式インフラストラクチャ(Infrastructure)
対応プロトコルTCP/IP(IPv4/IPv6)
アンテナ方式内蔵アンテナ×2(2.4Hz用×1、5Hz用×1) [1×1]
Bluetooth®
└ 規格
Bluetooth® バージョン2.1/3.0/4.0 + EDR/HS/LE
Bluetooth®
└ 通信方式
FH-SS
Bluetooth®
└ 通信距離
約100m(使用状況により異なります)class1対応
Bluetooth®
└ 対応プロファイル
Windows標準スタックに対応(HID v1.1、PANU、SPP、OPP、DUN、HCRP、HFP v1.5、A2DP v1.2、AVRCP v1.3、HOGP)※GATTのプロファイルは、ご利用いただくアプリケーションによってはご利用いただける場合があります。
電源電圧規格DC5V±5%(USBバスパワー)
消費電流290mA(最大)
使用温度範囲0~40℃(パソコンの動作する温度範囲であること)
使用湿度範囲0~90%(結露しないこと)
外形寸法約23(W)×50(D)×11(H)mm ※USBコネクタ部含む
質量(本体のみ)約10g
質量(梱包時)約68g
保証期間1年
各種取得規格RoHS指令準拠(10物質)、電波法 工事設計認証、電気通信事業法 設計認証、VCCI Class B
その他日本国外では使用できません。
表:商品仕様(引用元:I-O DATA公式ホームページより

参考情報

実際の写真

実際に使用しているデバイスの写真を撮りました。過去に購入した品物なので箱や付属のCD-ROMなどの写真はありません。

また、パソコンの故障具合を写した写真や、そのパソコンにデバイスを取り付けてWi-FiやBluetoothが接続できる状態を写した写真などを紹介します。

すこしコアな情報ですが、ネットワークのスピードの計測も行ってみました。

これがBluetooth接続もできる無線LAN子機

サイズは通常のアダプターよりも大きめだが、長時間稼働しても熱がこもりにくく安定して使える!
(よくあるコンパクトなアダプターの場合、長時間の使用すると発熱して使用できなくなることが多い

故障したコンパクトタイプのノートパソコン

故障したパソコンではWi-FiとBluetooth、両方とも使えません。(ワープロ…)

専門家ではなく本体の中を開けてみた訳でもないので、何の根拠もありませんが、
一度に2つとも壊れたという事から内臓されているWi-FiとBluetoothのアダプターは、
1つの部品で構成されているのかもしれません。

無線LAN子機の接続でWi-FiとBluetooth両方つかえる!

故障したパソコンに無線LAN子機を取り付けてWi-FiとBluetoothの両方が使えるようになりました!

ありがとう。アイ・オー・データ 😉

無線LAN子機のランプ状態

パソコンに取り付けた状態の写真。
LEDランプは直接見ることができる本体の天面に配置されています。

動画:Wi-Fi と Bluetooth 両方オン
動画:Wi-Fi のみオン

ネットワークスピードも問題なし

利用する環境やネットを使用する時間帯によっても大きく変わる情報ですが、参考までに私の環境で計測した結果を紹介。
ストレスなく普通にネットを使えています!

画像:無線LAN子機を接続したパソコンでネットワークスピードテストの測定結果
アイ・オー・データ、無線子機、Bluetooth v4.0対応、433Mbps、WPA3対応

レビュー

個人評価

  • メリット
    • 1つのアダプターでWi-Fi と Bluetoothの両方が使える
      この商品を購入した目的です。今の時代、Wi-Fiでインターネット・Bluetoothで周辺機器と接続できなければパソコンを有効活用できません。
       
    • USBポートが最小限の1ポートで接続できる
      コンパクトなノートパソコンが主流となりつつある今、両方使えてUSBを最小限の1ポートで接続可能というのは大きなメリットです。
       
    • 熱がこもりにくく長時間使用できる
      よくあるコンパクトなUSBアダプターの場合、長時間使用していると熱を帯びてきて、
      最終的には使えなくなってしまいます。
      過去、使っていたコンパクトタイプのアダプターで使えなくなった経験が何度もあります。

      その点、このアダプターは通常よりも大きいサイズで比較すると発熱し辛いというメリットを持っています。
       
    • サポートが悪くない
      今のところ、お世話になっていませんが、日本製のメーカーとなる為、一定以上の品質を持っていると思われます。
      (ですのでサポートが良いかわからないが、悪くないだろうという感じです)

      このサポートの品質というのは、定量的に測れる内容ではなく具体性に欠ける情報と思いますが、
      私は、海外の大手メーカーで本当にひどいサポートに出会った経験があります。
      その経験をふまえると電化製品などに疎い方の場合、日本メーカーの商品を選ぶというのはアリな選択肢だと個人的に思います。
       
    • 販売期間が長い製品でネットに情報が多い
      新しい商品 = 良い商品 ではありません。
      何か問題があった際、ネットで調べると知見が多いというのは、大きなメリットです。
      もちろん性能面は最新のものと比較すると劣りますが、新しすぎるものだと安定しておらず不具合が多いなどの問題もあります。
  • デメリット
    • 値段が高い
      類似商品と比較すると若干、値段が高めに設定されている事が多いです。
      セール中などを狙って購入する事をお勧めします。
       
    • サイズが大きいため他のデバイスと干渉してしまう可能性あり
      本体が発熱し辛いというメリットがあるものの接続するパソコンによっては、サイズが大きいため、
      他のUSBデバイスなどと干渉してしまい、最悪接続できない場合があります。

      購入する前はしっかりと寸法を測ってから購入する事をおすすめします。
       
    • 持ち運びに不便
      私は、自宅の机でパソコンを動かすことなく使用しているので問題はありませんが、
      外出先でパソコンを使用する場合や、家の中でもソファーやベットの上など作業場所を頻繁に変える方にとっては、
      大き目のアダプターは取り回しが悪く不便です。最悪、ほかの物と当たってしまい壊れてしまうかもしれません。
       
    • 規格が古い
      発売されてから時間がたっている製品の為、USBタイプが2.0だったり、Bluetoothが4.0だったり、Wi-FiがWi-Fi 5(11ac)だったりします。
       
      パソコンの使用用途がブラウジングや動画視聴、ドキュメント作成などライトな使い方の場合は、
      まったく問題ありませんんが、
      ゲームや大容量のデータを転送するなどの用途には向いていません

みんなの評価

X(旧:Twitter)で商品名を検索し見つかった良い評価と悪い評価を紹介します。

👍 良い評価
X – エックス(旧:Twitter):良い評価1
akiGAMEBOY

2-in-1のものって、よく中途半端な製品が多い印象を持っていますが、
このデバイスは普通に使えています。

何も不具合がないって素晴らしいですね!

X – エックス(旧:Twitter):良い評価2
akiGAMEBOY

問題なく広範囲でBluetooth使えているようですね。

私もワイヤレススピーカーと、よく接続していますが、
問題なく使えています。

X – エックス(旧:Twitter):良い評価3
akiGAMEBOY

Windows OS用なのでサポート対象外になってしまいますが、
Linuxでも動作できたという情報もありました。

👎 悪い評価
X – エックス(旧:Twitter):悪い評価1
akiGAMEBOY

USB接続してブルースクリーン(ブルスク)になってしまったとのポストです。

私は一度も同じような事象になったことはありません。
一概には言えませんが、パソコン側の問題である可能性もあるでしょうね。

悪い評価のポストを探しましたが、これ以上見つかりませんでした。
用途が限られたコアな製品な為、おそらく購入されている母数も少ないのでしょう。

まとめ

  • Bluetoothも対応できる無線LAN子機の決定版
  • 安心な日本製の製品
  • Wi-Fi と Bluetooth の通信規格が1世代前
  • サイズが大きく購入する前に他のアダプターと干渉しないか寸法を要チェック

このWi-Fiアダプターを取り付けたことでネットが使えないワープロから、またネットができるラップトップに戻ってくれました。
同じような問題でお悩みの方にお勧めです。ぜひ購入をご検討ください!!

アイ・オー・データ、無線子機、Bluetooth v4.0対応、433Mbps、WPA3対応

サポート募集中

この記事はお役に立てたでしょうか。現在、サポートを募集しています。
コーヒーを一杯 ☕ ご馳走いただけないでしょうか。

アイキャッチ Bluetooth Wi-Fi 両方対応 日本製の無線LAN子機 IODATA WNPU583B

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次