\ 最大8%ポイントアップ! / 詳細を見る

Windows Update 更新プログラムを非表示・再表示する方法

こちらの記事で更新プログラムの問題でインストールできない事象がありました。

エラーが発生した更新プログラムは私の環境だと無理にインストールしなくてもよいということがわかったので、
今回、一時的に更新プログラムを非表示にする方法を調べました。

今回、使用するツールの情報が掲載されている、こちらの記事でお知らせがありました。

2025年に更新プログラムを非表示にするツールは廃止予定、つまりツールの提供はなくなりそう。
また、記事によるとMicrosoftは更新プログラムを非表示にすることは推奨していないとのこと。

以前のOS、Winodws 7 や Vista 、 XP ではWindows Update 画面上で非表示できたので、ツールが使用できなくなるのは少し不便になりそうですね。

Microsoft が推奨していないということなので、代替えのツールはおそらく開発されていないでしょう。

 

この記事はこんな方にオススメ!

  • Windows 10 ユーザーの方
    (Windows 11 で動作するかは未検証)
     
  • Windows Updateの更新プログラムを非表示、または再表示したい方
目次

ツールのダウンロード

今回はMicrosoftから提供されているツール「 “Show or hide updates” トラブルシューター 」を使用します。

下記はツールの情報が掲載されている公式の記事です。
2015年7月30日に公開された記事のようなので、古い記事ですね。Windows 10 のリリース日が同年の7月29日ということなので1日差ですぐツールが提供されています。

ブラウザによってはダウンロードする際に警告が表示されるかもしれません

私のメインブラウザー、Microsoft Edgeでツールをダウンロードしようとすると、下記のメッセージが表示されました。
(ちなみにGoogle Chromeでは、警告なく正常にダウンロードできました。)

Microsoft Edge "この種類のファイルはデバイスに損害を与える可能性があるため、wushowhide.diagcab はブロックされました。"
画像:Microsoft Edge “この種類のファイルはデバイスに損害を与える可能性があるため、wushowhide.diagcab はブロックされました。”

このツールのダウンロードリンクは、
https://download.microsoft.com/download/f/2/2/f22d5fdb-59cd-4275-8c95-1be17bf70b21/wushowhide.diagcab
となり、Microsoftが使用している正式なドメイン「 “サブドメイン”.microsoft.com 」からダウンロードできるツール。

ブラウザによっては警告があるかもしれませんが、問題なく使用できます。

Microsoft Edgeでは、ダウンロードした際の動きがリダイレクトされていたり、HTTP通信だったりすると警告を表示する仕様とのこと。
警告の詳細は下記の記事をご確認ください。

しらたま

ヒント:開閉できるエリア

下記のようなエリアはクリックすると開閉可能っピ 👍

補足情報:Microsoft Edge で警告を無視してダウンロードする方法
STEP
「 ・・・ 」より「 保存 」のボタンをクリック
Edgeのダウンロードで警告があったファイルを保存
画像:Edgeのダウンロードで警告があったファイルで保存を選択
STEP
ダウンロードできました!
Edgeのダウンロードで警告があったファイルで保存できた
画像:Edgeのダウンロードで警告があったファイルで保存できた

 

 

補足情報:ツールを動かした私のWindows環境について

下記の画像のとおり、Windows 10 Proでバージョンが22H2の端末で動作しました。

Windows の仕様にて、エディションが「Pro」。バージョンが「22H2」。
画像:この画面ではエディションが「Pro」。バージョンが「22H2」となる

対応手順

一時的に更新プログラムを非表示にする方法

STEP
対象の更新プログラムが表示されている事を確認

更新をチェックを押した直後、下記の更新プログラム「 KB5036580 」が表示されました。
この更新プログラム自体に問題はありませんが検証するため、今回は非表示の対象に。

Windows Update で非表示にしたい更新プログラムを確認
画像:Windows Update で非表示にしたい更新プログラムを確認
STEP
ツール「 wushowhide.diagcab 」を起動

拡張子「*.diagcab」聞きなれないですが、“トラブルシューティング パック キャビネット”という種類のファイルらしいです。

ファイルの解凍などはなくファイルをダブルクリックするとツールが起動します。

ツール「 wushowhide.diagcab 」をダブルクリックで起動
画像:ツール「 wushowhide.diagcab 」をダブルクリックで起動
STEP
ツール起動後、「次へ」ボタンをクリック
ツール起動後、「次へ」ボタンをクリック
画像:ツール起動後、「次へ」ボタンをクリック
STEP
(“次へ”ボタンの直後は待ち)
“次へ”ボタンの直後は待ちが発生
画像:“次へ”ボタンの直後は待ちが発生
STEP
「 Hide updates 」を選択する
「 Hide updates 」を選択する
画像:「 Hide updates 」を選択する
STEP
非表示にしたい更新プログラムにチェックを入れて、「次へ」ボタンをクリック
非表示にしたい更新プログラムにチェックを入れて次へ
画像:非表示にしたい更新プログラムにチェックを入れて次へ
STEP
“トラブルシューティングが完了しました”の画面で解決済みとなっていることを確認

非表示対象の更新プログラムが解決済みとなっている事を確認してください。
言葉がわかりにくいですが、これで対象の更新プログラムが非表示になりました

解決済みであることを確認しツールを閉じる
画像:解決済みであることを確認しツールを閉じる
STEP
対象の更新プログラムが非表示になった事を確認
Windows Update 画面で対象の更新プログラムが非表示になったことを確認
画像:Windows Update 画面で対象の更新プログラムが非表示になったことを確認

一時的に非表示にした更新プログラムを再表示

しらたま

ヒント:開閉できるエリア

下記のようなエリアはクリックすると開閉可能っピ 👍

切り戻し手順

過去、このツールを使用し更新プログラムを非表示に変更した事がある環境で動作する手順。
前の工程で非表示にした更新プログラム「 KB5036580 」を再表示してみます。

STEP
対象の更新プログラムが非表示状態であること
作業前のWindows Update 画面を確認
画像:作業前のWindows Update 画面を確認
STEP
ツール「 wushowhide.diagcab 」を起動
ツール「 wushowhide.diagcab 」をダブルクリックで起動
画像:ツール「 wushowhide.diagcab 」をダブルクリックで起動
STEP
ツール起動後、「次へ」ボタンをクリック
ツール起動後、「次へ」ボタンをクリック
画像:ツール起動後、「次へ」ボタンをクリック
STEP
(“次へ”ボタンの直後は待ち)
“次へ”ボタンの直後は待ちが発生
画像:“次へ”ボタンの直後は待ちが発生
STEP
「 Show hidden updates 」を選択する
「 Show hidden updates 」を選択する
画像:「 Show hidden updates 」を選択する
STEP
再表示にしたい更新プログラムにチェックを入れて、「次へ」ボタンをクリック
再表示にしたい更新プログラムにチェックを入れて次へ
画像:再表示にしたい更新プログラムにチェックを入れて次へ
補足情報:「You’re all set, there aren’t any hidden updates to show.」のメッセージが表示される場合

英語の通りですが、“過去、非表示にした更新プログラムが一つもないため、再表示できない。”というメッセージ。

再表示できる更新プログラムがなかった時の画面
画像:再表示できる更新プログラムがなかった時の画面
STEP
(“次へ”ボタンの直後は待ち)
“次へ”ボタンの直後は待ちが発生
画像:“次へ”ボタンの直後は待ちが発生
STEP
“トラブルシューティングが完了しました”の画面で解決済みとなっていることを確認

再表示対象の更新プログラムが解決済みとなっている事を確認してください。
言葉がわかりにくいですが、これで対象の更新プログラムが再表示されました

解決済みになったことを確認しツールを閉じる
画像:解決済みになったことを確認しツールを閉じる
STEP
対象の更新プログラムが再表示された事を確認

非表示にしていた更新プログラム「 KB5036580 」が表示されました。

非表示にしていた更新プログラムが再表示できたことを確認
画像:非表示にしていた更新プログラムが再表示できたことを確認

参考情報

まとめ

この手順により不具合が発生し、いま適用する必要がない更新プログラムを問題なく非表示(無視)することができます!!

非表示したことを忘れないように、どこかにメモしておきましょう。
(おそらく、非表示になったことを忘却し適用されないまま脆弱性が残ってしまう可能性があるという事が、
 Microsoftでこのツールを非推奨としている理由だと思われます。)

個人的にオススメなメモアプリは、スマホだとGoogle Keepで パソコンだとNotion ですね。

サポート募集中

この記事はお役に立てたでしょうか。現在、サポートを募集しています。
コーヒーを一杯 ☕ ご馳走いただけないでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェアする

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次