Amazonセール開催中! こちらをクリックして詳細をチェック :-)

【雑記】最近ハマっている好きなラジオ番組を紹介

取り留めない内容を書いていく雑記コーナー。
今回は最近ハマっているラジオをテーマに書いていきたいと思います。

あの日本人初のプロゲーマーのラジオや、お笑い芸人のラジオ、
有名プロデューサーのラジオを紹介します。

 

この記事はこんな方にオススメ!

  • ラジオに興味のあり色々な番組を知りたい方
  • プラットフォームに関わらずラジオ聞きたい方
    (この記事ではYoutube/radiko/Podcastの番組を紹介)
目次

YouTubeラジオ編:ゲーム好きからラジオ好きに

ここ何年か格闘ゲームにハマっていました。
最近はプレイする時間がかなり減りゲーム動画や実況を視聴している
時間が長くなっています。
(いわゆるプロ動画勢ですね。)

そんなある日、日本人初のプロゲーマーの梅原大吾選手(以下、梅原選手)の
ラジオ番組がYoutube(ユーチューブ)で始まりました。

梅原選手がメディアにでることは、ほとんどなく主に大会の試合の映像がほとんど
だったので新鮮な気持ちで聴き始めました。

ラジオを通して長期間、未開拓な分野で活躍し続ける人の考え方を聞くことで
より格闘ゲームプレイヤーに興味がわきました。
また、時にはどうでもよいような話を掘り下げるなかで、その内容を自身と
比較する事でより人柄が見えて親近感のようなものも湧きました。

いままでラジオを聴く習慣がなく、同じパーソナリティが出演する番組の
面白みはよくわかっていませんでしたが
人がほぼ固定で出演しトークを繰り広げる事で、その人のストーリーを
知る事ができることがわかり、だいぶラジオ番組の面白みを理解できました。

気づけば習慣的に梅原選手のラジオ番組を聴くようになりました。

Youtubeラジオ番組「ウメハラジオ」

途中でMC交代となってしまいますが、最初にMCを務めていた松浦さんと
梅原選手の直球ストレートの掛け合いが面白く印象に残っています。

 

補足:梅原選手の有名な動画「背水の逆転劇」


梅原選手が世界的に有名になったきっかけの動画です。
これは海外の有名な格闘ゲームの大会、Evolution[通称、EVO(エヴォ)]2004での場面です。

すごい逆転劇で観客も盛り上がっていますが、決勝戦ではなく準決勝の試合だったそう。
この後、勝ち上がった梅原選手は決勝戦に進みましたが残念ながら勝てず優勝できませんでした。
日本の格闘ゲーム業界ではすでに有名な方でしたが、この記憶に残る試合で世界的に有名になりました。

akiGAMEBOY

何度見返してもスゴイ❗❗

 

ラジオ編:Youtubeラジオからradikoも

Youtubeラジオのウメハラジオを習慣的に聞いていましたが
梅原選手はeSports(イースポーツ)プロプレイヤーの為、
プロの大会シーズン中は番組はなく不定期の配信となっていきました。

他に面白いラジオ番組を探すため、すでにスマホのアプリでインストールしていた
radiko(ラジコ)でラジオを聴く習慣ができました。

ラジオは家事や就寝によく聴いています🎧

公式サイト:radiko

radiko

おすすめのラジオ番組「東京03の好きにさせるかッ!」

radikoでは特定の番組を聴いていませんが、たまたま流れた番組のなかでは
一番、お笑い芸人の東京03のラジオ番組が好きです。

番組ゲストと東京03が一緒に言葉だけで行うコントが面白くてお気に入りです。
東京03 3人の演技力が高く音声のみですが映像が浮かびコントを楽しめる事と
俳優さん等のゲストもコントに参加し本気で取り組んでいるので
普段の東京03コントとは一味違った面白みがあります。

ラジオという音声のみの媒体を最大限に生かした面白い番組です。
今回調べた結果、聞き逃し配信されているようですので
気になる方はぜひチェックしてください😊

公式サイト:ラジオ番組

東京03の好きにさせるかッ! – NHK

公式サイト:聞き逃し配信サイト

聴き逃し | NHKラジオ らじる★らじる

Podcast編:radikoからPodcastも

最初はradikoで聴いていた際、
たまたまジブリのプロデューサー鈴木敏夫さんの番組に出会いました。

初めて聴いた際、たまたま特別な回でアニメ雑誌のアニメージュの
歴代編集長(鈴木敏夫さんも以前は編集長)を集め10人ぐらいの
大人数の会話を楽しむ回でした。
(通常回は2~5人など小規模の会話を楽しむ番組です。)

アニメ雑誌のことや鈴木敏夫さんの事、また他の編集長の方についても
存じ上げなかったのですが
昔の懐かしいアニメの裏話や、歴代編集長のこれまでの紆余曲折あった
苦労話などがあり、どのトークも実体験を軸とした話だったので
非常に面白く最初は聞き流していましたが気づけば聴き入っていました。

この回が終わった後、どうにかして過去の放送を聴くことができないか
調べた結果、Podcast(ポッドキャスト)で全話配信されている事がわかりました。

ラジオ番組「鈴木敏夫のジブリ汗まみれ」

番組を聴いていて他に面白かったエピソードとして

 ・「母をたずねて三千里」を作っていたのが
   ジブリの高畑勲監督と宮崎駿監督が作っていたこと
 ・「アルプスの少女ハイジ」を作っていたのが
   上記2名とガンダムの富野由悠季監督とのメンバーで作っていたこと

を知り度肝を抜かれました。
両作品とも面白かった理由が納得できました。
こういった制作人の背景を知ったうえで作品を見直すと
新たな発見があるかもしれませんね。

公式サイト:鈴木敏夫のジブリ汗まみれ

鈴木敏夫のジブリ汗まみれ – TOKYO FM 80.0 – 鈴木敏夫 (tfm.co.jp)

 

さいごに

ラジオを聴き始めて良いと感じるポイントをあげていきます。

  • いまはプラットフォームを選ばずラジオ番組を聴くことができる
     ラジオ(AM・FM無線通信) / radiko / Podcast / Youtube
     
  • ワイヤレスイヤホンやスマートスピーカーと相性が良い
     
  • 映像のないコンテンツなのであらゆる状況や環境で
    流し聴きすることができる
     家事 / 運転中 / 散歩 / ランニング / お風呂
akiGAMEBOY

以上でこの記事は終わりです。

取り留めのない話でしたが、どうだったでしょうか。
他にも面白いラジオ番組があれば今後も紹介できればと
思います。

それでは、また次回お会いしましょう。さようならー

しらたま

バイバイッピー🎶

この記事をシェア

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次